ページ内を移動するためのリンクです。
現在表示しているページの位置です。

疾病予防事業

若年者からの生活習慣に起因する疾病や、社会、就労環境等からのうつ病等の増加が目立ってきています。
この現状を踏まえ、被保険者と被扶養配偶者に対する生活習慣病予防健診の受診を推進し、疾病の早期発見、早期治療に繋げると共に、健康相談・健康教育を充実し疾病予防、健康保持増進の意識を高め自主的な健康管理を目指します。

生活習慣病予防健診の実施

基本健診
病院健診
(従来の日帰り人間ドック相当)
厚生連健診
1.一般健診(30歳以上)
2.一般健診+付加健診(40歳以上)
3.Bコース健診(30歳以上)
4.JAドック(40歳以上)
  • 30歳以上の被保険者及びその被扶養者である配偶者を対象として実施します(年1回1種類)。
  • *40歳以上(受診年度に40歳以上)の受診者は特定健診受診を兼ねています。
オプション検査(受診対象年齢があります)
・ピロリ菌検査 ・子宮がん ・前立腺がん ・乳腺超音波
・マンモグラフィー ・肝炎 ・肺ドック ・脳ドック
  • 注.1) 基本健診の追加として、受診対象年齢に該当する方は選択し受診することができます(乳腺超音波とマンモグラフィー、また、肺ドックと脳ドックは同時に受診することはできません。 また一部個人負担金があります)。
  • 注.2) 肝炎・肺ドック・脳ドックは基本健診を病院健診で受診した方のみ。
  • 注.3) ピロリ菌検査は、今年度のみの実施。

20歳代女性の子宮がん検診

国の施策として推進されている女性特有のがん検診のうち、20歳代の女性被保険者に対して子宮がん検診の受診機会を提供しています(厚生連での子宮がん検診に限る)。

PET検診受診に係る費用助成

がんの早期発見・早期治療を目的として、50歳以上の被保険者本人に対して、契約医療機関でPET検査を受診した際に20,000円を助成します(当該年度1回のみで2年に1回の受診とする)。

健康相談の実施

生活習慣病予防健診等の健診結果で生活習慣を起因とする有所見項目のある被保険者や人事労務上配慮が必要な被保険者を中心として、各事業所と連携のもと、事業所単位に、保健師による健康診査の事後指導および希望者に対する健康相談を実施しています。
(特定保健指導については、「特定保健指導実施計画」参照)

健康教育の実施

  • 1.「乳がん自己検診と女性の健康に関するセミナー」
  • 2.「運動セミナー(ウォーキング教室等)」

内臓脂肪測定の実施

内臓脂肪が過剰に蓄積されると、この脂肪細胞から生活習慣病を振興させる原因物質の分泌が増加します。自身の内臓脂肪量を把握することにより生活習慣改善や健康管理を促すため、希望する事業所へ巡回を実施します。

歯科健診の実施

歯と歯茎の健康を守り、生活習慣病予防を図るため、希望する事業所で歯科健診を実施します。

メンタルヘルス対策支援事業

厚生労働省が示す「心の健康づくり指針」において位置付けられる事業場外の資源として、希望事業所に対してメンタルヘルスに関する「情報提供」や「各種研修会(管理職向け・一般職員向け)」の企画運営についての相談等や開催費用の助成を行っています(1事業所1開催のみ助成する)。また、メンタルヘルスカウンセリング(臨床心理士による「ここの電話健康相談」「こころのWeb相談」)事業を実施しています。

家庭用救急常備薬の配付

毎年12月に、当組合の指定する薬品、衛生材料等から被保険者が選択した薬品等を配付します

インフルエンザ予防接種の助成

当該年度におけるインフルエンザの予防接種について、接種者1人につき年1回を限度に1000円を助成します。ただし、接種金額1,000円以下は対象外(被保険者及びその被扶養者が対象で年齢等の制限はない)。

レセプトからの疾病統計・健康結果の統計処理

被保険者と被扶養者の疾病傾向、健康状況の把握を行い、保健事業に活用します。

ページトップへ